行方不明の人がいて、相続手続きが進まないときは…

   

  vol.35

ごきげんいかがですか

広島で
孫の代まで豊かになる
資産作り
相続を提案する

ナウこと今井絵美です

昨日に引き続き、次のご相談に
ついて書きます。

——————–
兄とは、10年以上音信不通で
連絡がとれません。

母が亡くなり、
預金の相続手続きを
すすめようとしたのですが、

銀行からは

「家裁にいってください」

と言われました。

どういうことですか?
——————–

昨日は、家裁に行く前に

「戸籍の附票(ふひょう)」

を取り寄せてみましょう。

というハナシをしました。

戸籍の附票の取り寄せ方は

役所で聞きましょう、と

いいましたが、

もし、
調べたい相手の本籍地が

分かる場合は、

その管轄の役所

に電話してみるとよいでしょう。

原則、電話で具体的な
ことは応えてもらえませんが、

役所・担当者によっては、
つっこんだ内容について
教えてくれることがあります

さて、今日は、

住民票の住所が分かっても、

やっぱり行方が分からない、

という場合。

 

遺産分割協議や、
相続の手続きを進めていくためには、

「不在者財産管理人」
(ふざいしゃざいさんかんりにん)

家庭裁判所で選任してもらいましょう。

誰が「不在者財産管理人」になれるのか

申立てのときに
候補者をたてることができます。

しかし、最終的には、

不在者との関係

利害関係があるかないか

などで、裁判所が判断します。

親族を候補者にたてて、
そのまま選任されることも
ありますし、

弁護士や司法書士などの専門職
選ばれることもあります。

 

不在者財産管理人が選任され、

さらに

権限外行為許可
(けんげんがいこういきょか)

という手続きを経ると、

晴れて

行方不明者に代わって、

遺産分割協議をしたり、

相続手続きを進めたりする

ことができます。

 

では、次に、

「失踪宣告」
(しっそうせんこく)

について検討しましょう。

と思いましたが、長くなり
ますので、続きは明日。

ほいじゃぁ、今日はこの辺でパー

お役に立つブログNo.1を目指して

ランキングに参加しています。

   【現在1位!】

ポチっとしていただけると

うれしいですsao☆


   矢印矢印


にほんブログ村

 

相続セミナー情報

「相続対策の基本と落とし穴」
講師   今井 絵美(相続アドバイザー)

日時   7月15日(水) 14:00~15:30
場所   山下江法律事務所 8F
参加費  1000円

※ドリンク・お菓子をご用意しています♪
お申込は下記フォームから
こちら https://goo.gl/5KSbhr

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)

« 相続人が行方不明!・・・
預金が受取れない!・・・ »


« 相続人が行方不明!・・・
預金が受取れない!・・・ »

AD


Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド


ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。


公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。


芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。











new window.amb.adcross()

















 こちらの記事もぜひ参考にしてください!

 - 相続