「破天荒」の本当の意味、知ってますか?

   

ブログランキングに参加中。
ポチっといただけるとうれしいですsao☆
  矢印矢印
 

 

vol.138

ごきげんいかがですか 


広島で
孫の代まで豊かになる
資産作り
相続を提案する

ナウこと今井絵美です

突然ですが、最近バライティでも

「破天荒」って言葉が
使われるのを聞きますが

本当の意味、ご存知ですか?

「大胆で豪快な様子」

・・・じゃないんですよ、実は。

由来はこんなハナシ。

中国の唐の時代、

荊州(けいしゅう)からは、

科挙(めちゃ難しい役人登用試験)の
合格者が100年以上出なかった。

人々はこの状態を、皮肉を込めて
「天荒」と言った。

天荒とは、「未開拓の地」
「凶作などで雑草の生い茂る様」
という意味。

しかしとうとう、荊州からも
科挙の合格者がでる。

この様子を人々は

「天荒を破った!」

と表現したとのこと。

つまり、

破天荒

とは、


本来の意味は、


「今まで誰もできなかった
 ことをすること」

「前人未到」

という褒め言葉なんです。

ナウには、今

「破天荒なことをするんじじゃないか」

と注目している一人の男性が
います。

広島最大の観光スポット

「宮島」のある

廿日市(はつかいち)市。

この廿日市市の市長を決める選挙が
10月18日(日)に迫っています。

41年ぶりに4人で混戦

ということでマスコミも騒いでいます。

ナウが気になるのがこの人。

おぎ村 ふみ規、44歳。

まず、若い

しかもこのおぎ村さん、

4児のパパ。

2期目を務めていた

廿日市市議の職を

辞しての立候補。

つまり、

落選したら無職。

私が奥さんなら、

泣き1「勘弁してよー。

 選挙だけじゃなく、

 結婚生活も

 背水の陣だよ。」

といいたい。

しかも!!!

公約が、

市長みずからの給与を

 50%カットして、

 市の成長の種を応援する

 ための基金を創る」

またまた私が4人の子を

かかえる母親なら、

泣き3はぁ~!!!???



 死ぬ思いで選挙に勝って

 市長になったとしても、

 

 給与を半分カット!? 

 廿日市の未来は明るい

 かもしれんけど、

 我が家の未来はどうなるん??

と突っ込みたい。

なんでおぎ村さんは

そこまでやるんでしょうかね。

少なくともおぎ村さんの中に
「保身」の二文字は見えません。

自ら退路をたち、

平成の世・廿日市の地で
「破天荒」
を成し遂げようとする

おぎ村ふみ規さん。

他の3人の候補者とは

温度差を感じざるを得ません。

廿日市にお住まいの方、

「この人応援してあげて~」

って知り合いにいわれて

何となく選ぶんじゃなく、

自分の目でみて

自分の耳で聴いて
自分の頭で考えて

選んでくださいね。

まだまだ
インターネット投票は
実現しそうにないので、

とにもかくにも、

選挙に行きましょう

自分が住む地域の未来は
自分で創る

ほいじゃ、今日はこのへんで。

お役に立つブログNo.1を目指して
ランキングに参加しています。

先ほど押し忘れた方は
こちらからお願いしますsao☆
   矢印矢印

 
にほんブログ村 

 ★毎月15日は相続セミナーの日★

「新しい選択肢『家族信託』の基本」

講師 相続アドバイザー 今 井 絵 美

日時 10月15日(木)
  14:00~15:30

場所 山下江法律事務所
    広島市中区上八丁堀4-27
    上八丁堀ビル703
    https://goo.gl/43Phy5

参加費 1000円

※ドリンク・お菓子を用意しています。

お申込は下記フォームから
 
こちらhttps://goo.gl/jsFZI3
 

AD
いいね!した人
 | 
コメント(0)

« 独身には「ライフプ・・・
同窓の集まりに出て・・・ »


« 独身には「ライフプ・・・
同窓の集まりに出て・・・ »

AD


Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド


ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。


公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。


芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。











new window.amb.adcross()

















 こちらの記事もぜひ参考にしてください!

 - 今井絵美のこと。